日本語ドメイン取得.com 短縮 URL サービス ユーザーログイン サポートBBS
サブドメイン形式
多機能 短縮 URL システム
なが~~くてチョッと怪しい URL ・・・ 使い続けますか?
日本語ドメインのサイト運用の現状

当サイト 日本語ドメイン取得.com は従来の形式のドメインを持たず、日本語ドメインだけで運営しているサイトです。 Internet Explorer 7Windows Vista のリリースといった日本語ドメインに対して明るい話題が目白押しで、ブレークを予感させる側面を見せてきました。 ブラウザに直接日本語でドメインを入力するのが当たり前になる日も、そう遠くないかもしれませんね。

サイトを運営する側にとって何よりも嬉しいのは訪問者が増えることです。 そういった意味では運営する側にとっても明るい話題には違いありません。今なら話題性もありますし、 日本語ドメインを取り上げているサイトは急増しています。 でも、日本語ドメインで運用するサイトが一向に増えないのは何故なんでしょうか?

当サイトが今日まで運営してきた経験から言わせて戴くなら、 WEB サイトを公開するということに関しては全く問題はありませんでした。 強いてあげるならば、意識していた点といえば リンクは Punycode で張る ということ。 Punycode さえ使っていれば日本語ドメインに対応していないブラウザからでもアクセスできますし、 リンク先の URL は タグ に埋め込まれてしまい、 ステータスバーに表示される程度ですから、どんな URL でもたいして気になりません。 しかし、メールが絡んでくると多少の不自由は否めませんね。

現状では様々な問題から、メールアドレスにおける国際化基準が決まっておらず、 この理由から殆んどのメーラーが日本語ドメインに対応していません。正直なところ、 この点が日本語ドメインでの運用を躊躇してしまう最大の理由なのではないか?と考えています。 でもこのレベルの問題となると、たかが1サイトで頑張ってみても、なかなか動くものではないんですよね。

現状、当サイトで出来ることは・・・

なので、運用してきた中で こりゃチョッとなぁ~ って思った些細な不都合から解決していくことにしました。 どんな不都合があったのかっていうと・・・

どんなブラウザでも確実にアクセスして頂くためには Punycode を使う必要があるという話をしましたが、 この Punycode って結構なが~くなっちゃうんですね。

http://www.xn--eckwd4c7cy36u3zowmk0qcl32k.com/

これが 日本語ドメイン取得.com のホームページにアクセスする場合の正規の URL です。これだけでも長いですよね。 各ページの URL に至っては更に長くなります。

当サイト内に Punycode⇔日本語ドメイン変換ツール があるのですが、チョッとしたメールの遣り取りで紹介したときのこと、こんな長い URL を書くハメになりました。

http://www.xn--eckwd4c7cy36u3zowmk0qcl32k.com/cgi_bin/punycode.cgi

これが正規の URL ですから仕方ありませんが、 この1行のために不恰好な書面になってしまいました。 それに、折り返されて無効なリンクなんて失礼な状況になってしまってないかっていう心配も・・・ さらに付け加えるなら、不規則な文字列になっている上に CGI、 Punycode って知らない人にとったらチョッと怪しくないですか?

自分でいうのも何ですが、よっぽど信頼できる所からの紹介じゃなきゃクリックしたくない URL ですよね。 http://www.日本語ドメイン取得.com/cgi_bin/punycode.cgi だったらまだサマになっていると思えたんでしょうけどね。

そんな背景から長くてチョッと怪しいURLに訣別できるシステムを作成しちゃいました。

怪しい URL に短縮しても意味が無い!

ど~せ、単なる 短縮 URL だろッ!  って?

ひょとして、あの有名な t○○yurl のようなものを想定してますか? だったら大違いですね。だって、数字列や不規則な文字列が入ってる URL って、やっぱり怪しでしょ? それに、1ページごとに 短縮 URL を作成するのでは、サイト全体を設定したら管理が大変なことになっちゃいますよ。

ついでに言うなら、?や=、& なんて入っている URL も怪しいですよね。

このシステムは、私自身が怪しいと思ってしまう URL のパターンを解消できること、 更にサイト全体を一括で転送できることを目的に作成しました。 実はこのページでもこのシステムを使った 短縮 URL でリンクを張っているんですよ。気付きましたか?

日本語ドメイン取得.comhttp://short.vxv.jp/jpdom/
Punycode⇔日本語ドメイン変換ツールhttp://short.vxv.jp/tool/punycode.cgi

になっていますよね。これでも怪しいですか? サイトやページの内容にマッチした文字列を使うことで、 何となく安心感が出てきませんかね? まぁ、CGI という怪しさはありますが、 tool というディレクトリを使うことでその怪しさも半減できたと思ってますけど・・・

自由度満点! あなたの感覚で決めてください。

このシステムでは、各自の思うままの文字列を決定していただきます。 システムで最初から決まっているのは http://.vxv.jp だけです。 サブドメインの部分は重複が利きませんが、それ以外は完全に自由です。

だから、正直に言って t○○yurl などに比べると、かなり面倒くさいです。

でも、それだけの価値は十分にあると自負しています。設定もWEBページ上で行え、難しいことは一切ありません。 きっと満足のいく 短縮 URL を作成していただけると確信しています。

これで、完全無料!

ここまで説明してくると、「さて、このシステムの使用料は・・・」 などど言いたくなるところですが、 元よりそんな思惑はありません。登録のみ、完全無料でご利用いただけます。

概略としては、このようなシステムですが、興味を持たれた方は下記のリンクから機能説明のページにお進みください。

サブドメイン形式 多機能 短縮 URL システム 機能説明ページはコチラから

管理人に問い合わせ
shorturl@mik-sanctuary.com
CopyRight (C) 2006 日本語ドメイン取得.com